FC2ブログ

ストレッチの弊害を考える

昨日、ストレッチについて書きました。

今日は一歩踏み込んで考えてみましょう。


一般的に浸透しているストレッチ(静的ストレッチ)は、安全で、柔軟性を向上させるので、怪我の予防につながる。

これは、ある意味あっていますが、ある意味間違っています。

どういうことか?

下のストレッチは、ハムストリングス(ももの裏)を伸ばすのによく行われるストレッチです。
t02200328_0280041811168743534.jpg

これ、たとえば膝の関節が緩い方にお勧めしたらどうなるでしょう。

関節の不安定性を助長してしまう可能性がある「危険なストレッチ」になり得ますね。


でも、お年寄りで膝関節を完全に伸ばしきれない方には有効なストレッチになります。

相手によって安全性を考えたストレッチを提供したいものです。




また、なんでもかんでも柔らかければよいのではなく、「自分でコントロール可能な範囲」で柔らかいことが必要です。

プレゼンテーション1_convert_20130131212613

上のグラフでは、>AさんはBさんに比べて柔軟性は高い(黄色の帯)のですが、

自分でコントロールできる筋力はBさんよりAさんのほうが低い(緑の帯)

ことを表しています。

コントロール不能な可動域が大きいAさんのほうが怪我をしやすいわけです。

「柔らかければ柔らかいほうがよい」という間違った認識をまずは修正したいものです。


BLOGランキング参加中!
↓タグをクリックしてください。




クリック後ランキングのページに飛びます。
飛んだら1票なのでそこで終了してください。












愛知県岡崎市を中心に三河地方(安城市、豊田市、知立市、蒲郡市など)を活動拠点にするパーソナルトレーナーのブログです。
2月以降順次実施施設、スケジュールなど掲載していきます。
腰痛・肩こり・膝痛などでお悩みの方やスポーツで不調を抱える方の力になれるよう、精いっぱい勉強中です。

コメント

非公開コメント

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ヘルス・ダイエット
216位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
フィットネス
33位
アクセスランキングを見る>>
ブログ村ランキング
プロフィール

高橋 秀人

Author:高橋 秀人
「カラダ・かえるLABO」代表

岡崎市を中心に、豊田市、安城市、西尾市、豊川市、豊橋市、幸田町、蒲郡市で活動する動きケア(R)パーソナルマスタートレーナーです。

慢性の腰痛、肩こり、四十肩五十肩、膝痛、捻挫ぐせなどの身体の不調や、スポーツによる障害予防改善、パフォーマンス向上まで、ヒトの身体の構造の原理原則に則ってマンツーマンでご指導いたします。



業界経験20年以上の、ベテランです。
身体の構造を深く理解することで、もっともっとたくさんの悩める方のお力になりたいと思い、今も毎日勉強中です。

【得意分野】
・慢性の腰痛・肩こり・四十肩五十肩・膝痛・捻挫ぐせの改善、逆戻り予防
・水泳愛好家のコンディショニング
・ゴルフ愛好家のコンディショニング
・その他スポーツパフォーマンス向上

【連絡先】
愛知県岡崎市柱曙3-5-1
電話:0564-64-5770
FAX:0564-64-5771
メール:info@k-k-labo.com

【活動拠点】
愛知県岡崎市、豊田市、安城市、西尾市、豊川市、豊橋市、幸田町、蒲郡市

【事業内容】
・不調改善パーソナルケア
・パーソナルトレーニング指導
・自治体要請の健康指導
・健康セミナーの実施

お立ち寄り
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR